不動産コンサルティング会社様の製作した紙袋デザインの事例

不動産コンサル会社様の製作した紙袋事例【P118】

不動産コンサルティング会社様の高級感のある紙袋

IT企業としての側面も持っている不動産に関わる様々なサービスを行う不動産コンサルティング会社様の紙袋事例です。 A4フィットサイズオーダーで書類配布に適した紙袋を製作しました。 500枚と少ない枚数での注文でしたので、展示会など特別な場で使用されるのでしょうか。

カテゴリ A4フィットサイズオーダー
業種 不動産コンサルティング会社
都道府県 東京都
枚数 500枚
製品単価/枚 210円台
用紙 A2コート紙 157g/㎡
サイズ 幅280×マチ80×高さ360mm
印刷 4色
表面処理 マットPP
提げ手 ハッピータック
オプション 底ボール台紙入り
運賃送料 無料

紙袋に使用した素材

厚手の用紙はハリが出て利便性が上がり
荷物の出し入れがスムーズなA2コート紙

コート紙の中でも最も使用される157g/㎡のA2というランク。 これはポスターや名刺などを製作される際にも使用される厚みです。 厚すぎず薄すぎず、手で袋を押えていなくても自立して立つことができ、移動の多い場でも荷物の出し入れの際に使い勝手がよく、紙袋には一番合っている厚みではないでしょうか。

用紙の種類

ライバル企業より一歩二歩、先をいく
鞄のように使えるハッピータック

たくさんの企業が集まる展示会などでは、多くのブースで書類配布がされていることでしょう。 いつの間にか荷物が増えてしまい、丈夫な紙袋に資料をまとめる方も多いと思います。 そこでハッピータックのように口が閉じられる鞄のような役割の紙袋は、使ってもらえる可能性が高いので、宣伝になりますね。

手提げ紐の種類と取付け方

繰り返し使いたくなる高級感と丈夫さで
コストパフォーマンスも高まるマットPP

今回使用したハッピータックは提げ手の中では最も丈夫で水にも強いのですが、もちろん紙袋の用紙本体がボロボロになってしまっては、その丈夫さも無意味になってしまいます。 そこで組み合わせたいのが表面加工です。 強度が格段にアップします。 光沢がないマットPPで雰囲気を壊さず安心が得られました。

表面処理の種類

ワンポイントアドバイス

数いるライバル企業に負けない、こだわりの高級感がある紙袋に仕上がりました。 紙袋の素材など専門的な知識がなくても、手をかけているかそうでないかの違いくらいは誰にでも分かります。 良質の物を用意すれば意気込みも感じられます。 ここぞという勝負どころには特別なものを用意してはいかがでしょうか。

オーダーいただいた紙袋はコチラ