菓子店様の製作した紙袋デザインの事例

菓子店様の製作した紙袋事例【P131】

菓子店様の古き良き歴史を感じさせる紙袋

岐阜県の岩村にある、200年以上ものあいだ製法も技術も変えずに守られてきた老舗の味が堪能できるカステラ屋さんの紙袋事例です。中に入れる物が決まっているのでスタンダードスリーサイズオーダーで製作しました。カステラには中サイズがピッタリでした。

カテゴリ スタンダードスリーサイズオーダー(中)
業種 菓子店
都道府県 岐阜県
枚数 3,000枚
製品単価/枚 50円台
用紙 晒クラフト 100g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ310mm
印刷 ベタ1色+1色
表面処理 ニス引き
提げ手 OFJタイプ 紙三本ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

紙袋に使用した素材

白紙なのに紙らしい手触りが最大の魅力
商品の素朴さとよく合う晒クラフト紙

真っ黒なベタ印刷を美しく表現する、真っ白な晒クラフト紙を使用しました。表面の平滑処理をしていないため、光沢はなく紙らしいザラりとした独特の質感があります。未晒・半晒クラフト紙も同じ質感がありますが、白い用紙では晒クラフト紙だけです。この手触りを気に入って選ぶかたが多くいます。

用紙の種類

独特の存在感で和を印象付ける
親しみ易さと優しさが伝わる紙三本ヒモ

紙三本ヒモは、捻った紙紐を三本合わせてさらに捻って作られた、存在感のある紐です。日本人には親しみ深い三つ編みに似たその見た目と、自然の優しい手触りで老若男女問わず好感を持たれます。また何においても紙素材は古くから使用されてきた物なので、古き良き和のイメージがあります。

手提げ紐の種類と取付け方

用紙の良さをそのまま活かす
表面加工の中では最も安価なニス引き

ニス引きはPP加工ほどの強度や耐水性などの保護力はありませんが、最も安価にそれらの効果を得ることができます。またPP加工を施すと表面に薄いフィルムを貼るので手触りが変わってしまいますが、ニス引きは大きな変化がありません。今回のように紙の独特な質感を活かしたい場合にオススメです。

表面処理の種類

ワンポイントアドバイス

紙素材すべてに言えることですが、特に今回使用した晒クラフト紙は漂白しているのに平滑処理はしていないので、耐水性があまりありません。ですが、そのデメリットを表面加工を施すことによってカバーできます。またベタ印刷の場合には、擦れなどによる色落ちの心配もなくなりますのでオススメです。

オーダーいただいた紙袋はコチラ