イベントプロデュース会社様の製作した紙袋デザインの事例

イベントプロデュース会社様の製作した紙袋事例【P154】

イベントプロデュース会社様の強度バツグンの高級な紙袋

東京都にある企業の商品発表など大きなイベントのプロデュースを行っている会社様の紙袋事例です。 とてもハイスペックな仕上がりなので、なにか特別な企画書などを入れるのでしょうか。 スタンダードスリーサイズオーダー(大サイズ)で高級感のある大きな紙袋を製作しました。

カテゴリ スタンダードスリーサイズオーダー(中)
業種 イベントプロデュース会社
都道府県 東京都
枚数 1,000枚
製品単価/枚 130円台
用紙 リューオーコート紙 140g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ450mm
印刷 ベタ1色(黒)
表面処理 マットPP
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

紙袋に使用した素材

一般的なコート紙よりも強度が高い
140g/㎡の厚さのリュウオーコート紙

リュウオーコートとは、大王製紙の商品名でコート紙の一つです。ヤンキー紙をベースにしており、通常使用される上質紙よりも強度が高いことが特徴です。一般的なものよりも厚みのある紙なので、しっかりとハリが出て自立する硬い紙袋になりました。 とても丈夫で高級感のある仕上がりです。

用紙の種類

バツグンの安定感と安心感をあわせ持つ
とても利便性が高いハッピータック

ハッピータックは他の紐製の提げ手に比べると曲がらないので、持ち運びの際に必要以上に腕を振らなければ本体が揺れたりせず、ピシッと安定感を保ちます。また凸凹を合わせれば口を閉じることができ、グッと利便性が高くなるので、鞄のように繰り返し使用される紙袋になるかもれしませんね。

手提げ紐の種類と取付け方

美しいベタ印刷を擦れや色落ちから守り
耐水性まで高めてくれるマットPP加工

今回のように上質紙を使用しているコート紙でない場合も、ベタ印刷をした場合は色落ちや擦れを防ぐために、PP加工かニス引きの表面加工をオススメしています。マットPP加工は派手な光沢がないので、落ち着いた雰囲気を醸し出します。高級感にプラスして上品な印象を与えたい時に適しています。

表面処理の種類

ワンポイントアドバイス

高価な素材ばかりを使用したので単価は140円台~と、やや高めになってしまいました。どうしてもコート紙を使用したり、ベタ印刷を行うと表面加工が必要となります。もしも加工なしでコストを抑えたい場合は、明るい印刷色を選んだり、印刷面を控えめにするというのもひとつの手でしょう。

オーダーいただいた紙袋はコチラ