自動車テスト会社様の製作した紙袋デザインの事例

自動車テスト会社様の製作した紙袋事例【P171】

自動車テスト会社様の誠実で爽やかな印象の紙袋

栃木県にある、自動車の性能テストを専門に行っている会社様の紙袋事例です。 500枚と少ない数での注文でしたので、なにか特別な用途のために製作されたのでしょうか。 小さめながらもマチが広く使いやすいスタンダードスリーサイズオーダー(小サイズ)で製作しました。

カテゴリ スタンダードスリーサイズオーダー(小)
業種 自動車テスト会社
都道府県 栃木県
枚数 500枚
製品単価/枚 100円台
用紙 晒クラフト 100g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ240mm
印刷 特色1色
表面処理 マットニス
提げ手 OFJタイプ 紙三本ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

紙袋に使用した素材

安価でコストカットにもなる白い紙
ベタ印刷も美しく再現する晒クラフト紙

ベタ印刷をする場合、最も安価に仕上げるには晒クラフト紙がオススメです。 印刷適正もありながら、同じクラフト紙素材で白い紙の片艶晒クラフト紙よりも単価がお安く、コストを抑えて製作が可能です。 用紙としては茶色い用紙の方がお安いのですが、やはり印刷をのせるのであれば白い紙の方が美しく仕上がります。

用紙の種類

しっかりとした太さで存在感をアピール
紙素材で温かみがうまれる紙三本ヒモ

紙素材の中でも存在感のある紙三本ヒモを使用しました。 太さがあるので手に食い込みにくくなんとも優しい印象になります。 自動車の品質保証のためのテストを行っている会社様なので、信頼がたいせつ。 用紙の美しいブルーで誠実さを、提げ紐の紙で温かみを、印象付けられたら良いですよね。

手提げ紐の種類と取付け方

ベタ印刷に表面加工は必須アイテム
光沢も費用も抑えられるマットニス引き

濃い色でベタ印刷しているので、色落ち防止のためにニス引きで表面加工を施しました。 ニス引きにも、PP加工と同じ二種類があります。 安価で落ち着いた印象になるマットタイプのニス引きは、企業様のイメージによっては加工が必要でもなるべく光沢も費用も抑えたいといった時にオススメです。

表面処理の種類

ワンポイントアドバイス

なるべくコストカットを目指した素材のチョイスでしたが、いただいた注文枚数が500枚と少なめだったので、100円台~とやや単価が上がってしまいました。 近いものを低コストで実現するなら、ぜひ注文枚数を増やすことを検討してみてください。 一桁違うと、驚くほどにグッと単価が下がります。

オーダーいただいた紙袋はコチラ