刺しゅうブランド様の製作した紙袋事例

刺しゅうブランド様の製作した紙袋デザインの事例【P193】

刺しゅうブランド様の華やかさがある紙袋

京都に店舗をかまえる刺しゅうブランド様の紙袋事例です。 高さだけでなく幅やマチも自由に設定が可能なジャストフィットフルオーダーで製作しました。 自社製品ピッタリに製作出来るので、中で品物が動くことなく安心して持ち歩けます。 専用の紙袋というだけで高級感もうまれますね。

カテゴリ ジャストフィットフルオーダー
業種 刺しゅうブランド
都道府県 京都府
枚数 1,000枚
製品単価/枚 100円台
用紙 晒クラフト
サイズ 幅330×マチ140×高さ410mm
印刷 半ベタ1色
表面処理 マットニス
提げ手 OFJタイプ 紙単丸ヒモ
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

紙袋に使用した素材

白い用紙でお手軽に和風を演出するなら
ザラりとした手触りで温かみのある晒クラフト紙

繊細なグラフィックで大きくイラストが印刷されているものの、広い面が白い用紙そのままの色を活かしたデザインになっています。 そのような場合、白くツルりとした手触りで印刷適正の高い片艶晒クラフト紙やコート紙を使用することが多いのですが、今回は和風の雰囲気が出る晒クラフト紙を選ばれました。

用紙の種類

さり気ないアクセント使いにピッタリ
華奢なシルエットで使いやすい紙単丸ヒモ

デザインのアクセントに、赤色の紙単丸ヒモを使用しました。 赤色がひとつが足されただけで、なんだか可愛らしい全く違った雰囲気になりました。 紙を撚って作られているので、柔らかい印象で和風のイメージにピッタリですね。 また安価で使いやすいことから多くの業者様に選ばれる人気の素材になります。

手提げ紐の種類と取付け方

デザイン性を高める使い方も可能な
昔から愛される技法、マットニス加工

近年ではPP加工がメインになりましたが、ニス引きは昔から行われている技法で、こちらの方が主流でした。 自然な雰囲気と安価なことが魅力で、部分的にかけることが出来るという利点もあります。 ロゴや社名だけなど目立たせたいところだけにかけたりと、雑誌などには今でも使用されています。

表面処理の種類

ワンポイントアドバイス

提げ紐を印刷の使用カラーとは全く違ったカラーにすることで、デザインの挿し色として活用しました。 コストのかかる印刷カラーの種類を増やさずに、色味を増やすことが出来るので節約にも繋がります。 ちょっとしたテクニックですが、一気にオシャレなアクセントとなるのでオススメです。

オーダーいただいた紙袋はコチラ