学習塾様の製作した紙袋事例

学習塾様の製作した紙袋デザインの事例【P194】

学習塾様の誠実な印象の紙袋

学習塾協会という公益社団法人に所属している学習塾様の紙袋事例です。 入塾案内のパンフレットなどをお渡しするための紙袋でしょうか。 高さを380mmに設定してA4サイズの書類もスッポリ入るよう、スタンダードスリーサイズオーダー(中サイズ)で製作しました。

カテゴリ スタンダードスリーサイズオーダー(中サイズ)
業種 学習塾
都道府県 大阪府
枚数 1,000枚
製品単価/枚 110円台
用紙 片艶晒クラフト紙
サイズ 幅260×マチ100×高さ380mm
印刷 1色(特色)
表面処理 PPラミネートグロス加工
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

紙袋に使用した素材

比較的安価なのに十分な再現力を誇る
白紙で使い勝手の良い片艶晒クラフト紙

印刷適正の高さで選ぶとコート紙が一番といったイメージですが、比較的安価な片艶晒クラフト紙でもここまでのクオリティで仕上げることが出来ます。 四角に濃淡をつけてグラデーションにしました。 発色に強いこだわりがあるわけではないのなら、片艶晒クラフト紙でも十分な再現力があるのでオススメです。

用紙の種類

コストをかけてでも得たい利点がある
中身をしっかり保護してくれるハッピータック

学習塾様という職種上、お子様の成績や進路など個人情報を記載した書類を入れるのかもしれません。 そういった秘密厳守のたいせつな書類を守ってくれる強い味方がハッピータックです。 凹凸部分をはめ込むことで口をしっかりと閉じることができ、どんなシーンでも安心して持ち運べる利点は大きいかと思います。

手提げ紐の種類と取付け方

様々な良い効果をもたらしてくれる
魅力は光沢だけじゃないPPグロス加工

ギラギラとした強い光沢が特徴のPPグロス加工を施しました。 印刷の上からポリプロピレンのフィルムを貼付けるので、紙自体に厚みとしっかりとしたハリがうまれ、耐水性や耐久性が格段にアップします。 単価は少し上がってしまいますが、その効果は絶大で良いことずくめなのでオススメの加工です。

表面処理の種類

ワンポイントアドバイス

今回使用した片艶晒クラフト紙にも使用されている「晒」という字は、実は漂白という意味なのです。 茶色いクラフト紙を真っ白になるまで漂白したものが、晒クラフト紙と片艶晒クラフト紙です。 もちろん漂白すればするだけ強度は落ちてしまうので、丈夫さでいうと未晒クラフト紙が一番となります。

オーダーいただいた紙袋はコチラ