コンピューター事業会社様の製作した紙袋事例

コンピューター事業会社様の製作した紙袋デザインの事例【P196】

コンピューター事業会社様の高級な紙袋

大分県にあるコンピューター事業会社様の紙袋事例です。 300枚と少ない枚数での注文でしたので、周年記念式典などなにか特別な用途があるのでしょうか。 どんな業種様でも最も使用頻度の高いA4書類を入れるのに適当な、A4フィットオーダーで製作しました。

カテゴリ A4フィットオーダー
業種 コンピューター事業会社
都道府県 大分県
枚数 300枚
製品単価/枚 260円台
用紙 A2コート紙
サイズ 幅280×マチ80×高さ360mm
印刷 1色(特色)
表面処理 グロスラミネート加工
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

紙袋に使用した素材

最高級の厚みとハリでしっかりアピール
美しい再現力でこだわりを活かすA2コート紙

コーティング剤を重ねてしっかりとした厚みでハリがある、美しいA2コート紙を使用しました。 名刺程度の厚みを想像していただけたら良いかと思います。 ポスターや写真集にも使用される素材なので、こだわりの特色ブルーでのデザインや細かい英字もハッキリクッキリ鮮明に再現することが出来ました。

用紙の種類

重たい物を入れても、入れなくても
ズバ抜けた安心感があるハッピータック

工具を使用しなければ切れないほど、とても丈夫なハッピータックを使用しました。 例えばこの紙袋の中にビール缶を6缶入れても、強度に全く問題はありません。 書類サイズなのでそこまで重い物を入れることはないかもしれませんが、それくらい丈夫なので野外での使用にも最適で大活躍するでしょう。

手提げ紐の種類と取付け方

ぜひコート紙とセットで施してほしい
印刷を美しく保護してくれるPPグロス加工

コート紙に印刷を施した場合、必ず表面加工をオススメしています。 色落ちや擦れも心配ですが、一番は折り目部分の印刷が割れたように白い線が入ってしまうことがあるからです。 せっかく印刷適正の高い素材を使用して美しいカラーを表現しても、そんな筋が入ってしまっては全てが台無しになってしまいます。

表面処理の種類

ワンポイントアドバイス

もしもコート紙を使用しているけど予算の都合などでどうしても表面加工をしたくない場合は、折り目部分に印刷がこないように対処することも可能です。 今回の紙袋のようにマチを塗りつぶすなら、やや印刷面を内側に入れます。 ただ白い筋は出なくても、割れたような質感にはなってしまうでしょう。

オーダーいただいた紙袋はコチラ