お寺様の製作した紙袋事例

お寺様の製作した紙袋デザインの事例【P197】

お寺様の見た目のインパクトが大きい紙袋

大阪に本寺と末寺を抱える、浄土真宗のお寺様の紙袋事例です。 スタンダードスリーサイズオーダー(大サイズ)で製作しました。 破魔矢など大きめのものも横にして入れられる便利な大きさです。 小さいと用途が限られしまいますが、大きい分には様々な物を入れられますね。

カテゴリ スタンダードスリーサイズオーダー(大サイズ)
業種 お寺
都道府県
枚数 5,000枚
製品単価/枚 40円台
用紙 コート紙
サイズ 幅320×マチ80×高さ250mm
印刷 ベタ1色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ PPヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

紙袋に使用した素材

表面加工をしなくても優しい光沢があり
コストパフォーマンスが高い片艶晒クラフト紙

自然な薄い光沢があり、丈夫で安価とバランスのとれた紙袋用の素材として最も選ばれている片艶晒クラフト紙を使用しました。 その名の通り、片面に平滑処理を施しているので表面加工をしなくても優しいツヤがあり、上品に落ち着いた印象で仕上がります。 もちろんコストカットにも繋がるでしょう。

用紙の種類

コストをグーンと下げるにはうってつけ
豊富なカラーから選んでほしいPPヒモ

弊社の提げ紐の中で、最も安価なPP紐を使用しました。 荷造り用の紐といえば想像しやすいでしょうか。 そのイメージから少しチープな印象になりがちですか、選ばれる色によってはこんなにも和風の雰囲気にも馴染みます。 またフワフワと柔らかい手触りなので、長時間の持ち運びにも適しています。

手提げ紐の種類と取付け方

ワンポイントアドバイス

色を使った紙袋のデザインは、マーケティング市場においてとても重要なものです。 オレンジは親しみやすさ、グリーンは爽やかさ、ブルーは誠実さ、など使用するカラーによって与える印象が大きく変化します。 企業イメージに合わせて、デザインに取り入れてみるのはいかがでしょうか。

オーダーいただいた紙袋はコチラ