住宅建築会社様の製作した紙袋事例

住宅建築会社様の紙袋の事例【P211】

住宅建築会社様の丈夫でシンプルな紙袋

岐阜県にある木注文造住宅専門の住宅建築会社様の紙袋事例です。 500枚と少ない枚数での注文でしたので、内覧会などのイベント時に来場されたお客様へお渡しする紙袋かもしれません。 粗品なども余裕をもって入れられるスタンダードスリーサイズオーダー(中サイズ)で製作しました。

カテゴリ スタンダードスリーサイズオーダー(中サイズ)
業種 住宅建築会社
都道府県 岐阜県
枚数 500枚
製品単価/枚 170円台
用紙 A2コート紙 157g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ450mm
印刷 4色
表面処理 マットPP加工
提げ手 OFJタイプ アクリル丸ヒモ芯入り
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

紙袋に使用した素材

グレードの高いしっかりとした厚みで
安心の耐久性や利便性が得られるA2コート紙

157g/㎡と厚みのあるA2ランクの上質なコート紙を使用しました。 用紙に厚みがあると良い点は、しっかりとしたハリがあるので開いて置けば独立し、荷物の出し入れに重宝します。 また耐久性が高まり、うっかりどこかに引っ掛けてしまっても簡単に穴が開いたり破れてしまったりもしません。

用紙の種類

クタッと柔らかいアクリル丸ヒモに
芯を入れることによって利便性がアップ

優しい手触りで上質なアクリル丸ヒモに、オプションで芯を入れました。 芯を入れることによって、ピンと立つので紐同士が絡まることなくスムーズに口の開閉が可能になります。 また在庫管理時にもサッと取り出せるので、時間に追われることが想定されるイベンド時にも活躍すること間違いなしです。

手提げ紐の種類と取付け方

柔らかい印象になるマットPP加工でも
強度はしっかりとアップしています

PP加工には、印刷の保護という目的以外にも紙全体の強化という効果があります。 もともと厚みがあるコート紙と組み合わせることによって、重さのある物を入れても十分耐えられる強度が得られます。 お客様に伝えたいことが有りすぎて、大量のパンフレットや分厚いカタログで中身が重くなってしまっても安心ですね。

表面処理の種類

ワンポイントアドバイス

ある程度の大きさに丈夫さを兼ね備えた紙袋にするなら、コート紙+PP加工+底に段ボール台紙という今回のような仕様は鉄則です。 ビール瓶を大量に詰め込むようなことでもなければ大抵の用途に対応出来るでしょう。 更に秘密保持という目的もプラスするならば、提げ手はハッピータックをオススメします。

オーダーいただいた紙袋はコチラ