物流会社様の製作した紙袋デザインの事例

物流会社様の製作した紙袋事例【P72】

全てにこだわった物流会社様の紙袋

物流会社様の紙袋です。社名ロゴで用いる鮮やかなブルーをマチの部分にベタ塗りしており、これによって紙袋全体が引き締まった印象になっています。また、素材、加工全てにわたって強度と高級感にこだわっており、底面には段ボール製の台紙を入れています。単価210円台(500部)とお値段は高めです。しかし、それを補って余りある、高品質な紙袋に仕上がりました。

カテゴリ スタンダードスリーサイズオーダー(大)
業種 物流会社
都道府県 東京都
枚数 500枚
製品単価/枚 210円台
用紙 A2コート紙 157g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ400mm
印刷 3色(特色2色、黒)
表面処理 PP
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

紙袋に使用した素材

写真やデザインを鮮やかに発色
きめの細かい純白のコート紙

コート紙は上質紙をベースに鉱物や顔料でできたコート剤を塗布した用紙で、きめの細かい純白と、印刷適性が高いのが特徴です。今回も、コープレートカラーであるブルーを、とても鮮やかに発色させることができました。コート紙をつかう場合には、印刷面の割れを防ぐために、必ずラミネート加工をすることをおすすめしています。

用紙の種類

提げ手の中では最も強度があり
袋の口を閉じられるハッピータック

ハッピータックはプラスチックでできた提げ手です。提げ手の中では最も強度があり、厚手のカタログや大量の書類を入れてもまず切れることはありません。また、根元の部分に凹凸があり、紙袋の口を閉じることができるのが特徴で、社外秘の書類を入れた際、人に見られることがなく、多少の雨が降ってきても中身が濡れてしまうこともありません。

手提げ紐の種類と取付け方

印刷面の「割れ」を防止
硬質な輝きのグロスラミネート加工

ラミネート加工は、ポリプロピレンの薄いフィルムで紙をコーティングし、表面の割れを防ぐための加工で、コート紙を使う場合には必ずしておきたい加工です。今回使用したグロスラミネート加工は紙の表面に強い光沢をもたらすため、ハッピータックとの併用も手伝って、紙袋全体に硬質な輝きを感じる特徴的な紙袋に仕上がっています。

表面処理の種類

ワンポイントアドバイス

今回、スタンダードスリーサイズオーダーの大サイズ(500枚)でご注文いただきました。枚数の少なさと高品質な素材、加工から、会社説明会など特別な案件に用いるものと思われます。もし、この事例よりも単価を下げたい場合には、ニーズと用途に応じた素材、加工のご相談をさせていただきますので、ぜひ一度ご相談ください。

オーダーいただいた紙袋はコチラ