不動産会社様の製作した紙袋デザインの事例

不動産会社様の製作した紙袋事例【P96】

不動産会社様のシンプルな紙袋

福岡県の市内を中心に、賃貸から販売まで行う不動産会社様の紙袋です。 オプションで底に段ボールを入れ、安定感をもたせたスタンダードスリーサイズオーダー(大サイズ)を使用し、資料だけでなく記念品などをお配りする際にも活躍するしっかりとした紙袋に仕上がりました。

カテゴリ スタンダードスリーサイズオーダー(大)
業種 不動産会社
都道府県 福岡県
枚数 500枚
製品単価/枚 120円台
用紙 片面晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ450mm
印刷 2色
表面処理 なし
提げ手 穴タイプ アクリル丸ヒモ
オプション 底補強段ボール台紙入り
運賃送料 無料

紙袋に使用した素材

どんな業種でも対応出来るバランスで
最も選ばれるメジャーな片艶晒クラフト

コート紙のような、とはいかなくとも片側に平滑処理を施して薄っすらとした光沢と印刷の再現力があり、晒クラフト紙のように、とはいかなくともしっかりと強度が残っている、そんなそれぞれの良いところ取りをしているのが片艶晒クラフト紙になります。 それでいて安価。最も選ばれるのも納得です。

用紙の種類

大切なお客様が触れる提げ紐は
手触りで心遣いを感じるアクリル丸ヒモ

お客様が紙袋を持ち運ぶ際に最も手に触れる提げ紐は、様々な素材の中でも重視されるポインになると思います。 そこで滑らかで手触りがよい高価なアクリル丸ヒモにすることで、高級感がプラスされるだけでなく優しい印象になるので、お客様への心遣いが感じられます。 イメージ戦略にいかがでしょうか。

手提げ紐の種類と取付け方

ワンポイントアドバイス

一番気になるところは、強度?デザイン?こだわりは業種様によって違うと思います。 ただ共通して言えることは、なるべくなら価格を抑えたい、というところではないでしょうか。 そんな時はスタンダードスリーサイズオーダーがオススメです。幅とマチさえ合えば大幅コストカットに繋がります。

オーダーいただいた紙袋はコチラ