シックな雰囲気の紙袋の作り方

シックな紙袋が欲しいなら!おすすめの紙袋素材の組み合わせと事例を紹介

紙袋のデザインは、どんな印刷をするかだけではなく、それに合った素材を選ぶことがとても大事です。シック、上品、垢抜けし洗練された雰囲気の紙袋にしたいなら、素材も厳選しましょう。アパレル、コスメ、ジュエリー、靴、時計など高級商材を扱う店舗様におすすめの紙袋デザインを例に、最適な素材をご紹介します。

安価な素材でも印刷と紐の色を組み合わせて

靴のブランドの紙袋です。紙は100g/㎡と薄めの片艶晒クラフト紙を使い、黒一色印刷でコストを抑えています。しかし、高級感があります。額縁のように細く入れたラインと紙単丸ヒモの細い提げ紐がぴったり合って、繊細な雰囲気が出ています。紙単丸ヒモは紐素材の中で一番細身なので、こういったデザインに似合いますよ!

高級素材を惜しみなく使った高品質紙袋

美容院の紙袋です。エスプリコート紙という高級なコート紙を使用しています。表面はコート紙をさらに平滑にしたキャストコート紙、裏面がコート紙となります。そのため内側まで光沢感があります。表にはマットPPがかけられているので上品な手触りです。高級なアクリル丸ヒモは、芯入りを使用して紐を立たせました。手に取ってみると違いが分かる高級紙袋です。

大きな面の箔押しでインパクトを狙う

シックな紙袋を作りたい時の素材選び、いかがでしたでしょうか?洗練された雰囲気にするなら、あまりゴチャゴチャさせず色の数や入れる要素を絞っていくとスッキリと仕上がると思います。印刷デザインに重きを置くよりも、高品質な素材や加工で差をつけるというのもおすすめの方法です!

まとめ

表面処理を行うと、強度がアップし見た目も高級感が出ます。ニス引きは部分的に取り入れることで、ニス引きならではのデザインを行うこともできます。ニス引きでロゴや模様を刷るとその部分だけ光沢が出て、さりげなくオシャレな紙袋になりとてもおすすめです!

その他の記事はこちら!

金色の紙袋にしたい場合は、印刷か箔押しを使用します

金色や銀色などのメタリックカラーの紙袋にしたい場合は、二つの方法があります。ひとつは、特色インクを使った印刷。もうひとつは、箔押しです。それぞれ特徴があるので、求める効果によって使い分けてください。特...

紙袋デザインの具体的なイメージがない、アイデアが思いつかない時は?

紙袋を作る時に最初に決めるのは多くの場合、サイズです。必要サイズが出たら、次にどんなイメージにするのかを決めます。ここで手が止まってしまう場合は、二者択一の質問をたくさん用意してみましょう。キーワード...

入稿データのチェックでは、印刷に適したデータにしています

お客様からいただいた入稿データは、一度弊社で開いて確認し、紙袋の展開図になったデータに落とし込む作業を行なっています。この作業のため「デザインデータ調整代」を4,000円いただきます。これは初回の入稿...

入稿後に文字の修正がある場合は、再入稿してください

もし入稿後に電話番号や住所などの誤字があった場合は、再入稿してください。弊社では修正ができません。入稿時には、文字は全てアウトライン化をお願いしています。一度アウトライン化した文字は画像と同じ扱いにな...

紙袋印刷の特色の色指定は、色見本帳がなくても大丈夫

特色で印刷する場合は、色のご指定をお願いします。デザイン事務所や制作会社では、色の指定はDIC社やPANTONEし社が出している色規格に則って、色番号で指示することが一般的です。しかし、これらの色見本...

どれもお得!紙袋オーダーラインナップ