色指定の仕方について

紙袋印刷の特色の色指定は、色見本帳がなくても大丈夫

特色で印刷する場合は、色のご指定をお願いします。デザイン事務所や制作会社では、色の指定はDIC社やPANTONEし社が出している色規格に則って、色番号で指示することが一般的です。しかし、これらの色見本帳をお持ちでない場合でも、そのほかの方法で色指定することができます。

印刷色を指定するってどういうこと?

一般的に、雑誌やチラシなどフルカラーの印刷物は、プロセスカラーと呼ばれる次の4色で印刷されています。

●C(シアン=青)
●M(マゼンタ=赤)
●Y(イエロー=黄)
●K(キー・プレート=黒)

この4色を小さな点状に印刷すると、人間の目には色が混ざり合って見えます。例えばオレンジ色は、MとYの重なりによってそう見えているのです。フルカラー印刷は、こうしてあらゆる中間色を作り、写真や絵画まで緻密に表現しています。
しかし、「そのほかに色はなく、オレンジ一色でロゴをベタに刷りたい」という場合は、わざわざMとYの二版を使う必要はありません。ここで使うのがスポットカラーと呼ばれる「特色」です。

「特色」とは何か?メリットは?

特色印刷は、プロセスカラーを使わず、あらかじめ調合されたインクによる印刷のことです。最初からオレンジ色に混ぜられたインクなら、MとYの二版を使わず一枚の版でオレンジ色を出すことができるので、製版代も印刷コストも削減することができます。
フルカラー印刷は、掛け合わせで「あらゆる中間色を作る」と書きましたが、実はプロセスカラーでは出せない色もあります。それは、蛍光色や白などの特殊な色です。そういった変わった色にしたい場合は特色が欠かせません。また、特色のベタ印刷は、プロセスカラーの掛け合わせよりも印刷の仕上がりが良いというメリットもあります。

特色の指定方法は4つあります。
色の正確性という観点で、おすすめ順にご紹介します。

●DICかPANTONEの色見本帳から色番号を指定する
国際的に通用する色の規格です。この色番号で指定すると、世界中どこの印刷色で印刷しても同じ色にできるというわけです。しかし、色見本帳は高額で、プロしか持っていないことが多いです。

●印刷された現物に合わせて色を作る
過去に作った紙袋があれば、それに合わせて色を作成できます。サンプルを弊社までお送りください。印刷物を見本に色を作ることを「現物色合わせ」や単に「調色」と言います。色分析を行う機械も用いますが、インクは調色中と乾いた時では色の見え方が違いますので、最終的には人の手と目で色を決めます。これは職人技でして、できない印刷所もあります。弊社なら現物からも特色指定できます。

●データから近い色を再現する
AdobeのDTPソフト「イラストレーター」で作成された入稿データは、CMYKで色の割合が表示されています。このデータの近似値から、弊社にて特色を選び出します。 CMYKデータから特色指定する場合は、多少色のブレが起こる可能性があります。画面で見ている色と実際の印刷物の色は、色の出し方が全く違うためです。モニターは物体色ではなく光源色なので、RGBの三色で色を表現しています。そのため鮮やかに明るく見えます。CMYKに置き換えると色がくすんだ印象になることが多いです。お客様のモニターの環境によってもブレが起こります。

●色見本帳アプリで色を決める
最初にご紹介したDICやPANTONEの色見本帳は、アプリになっています。無料です。ただし、これも画面上で見る色となりますので実際の印刷物の色とは違います。あくまでも参考程度と考えてご利用になるのが良いかもしれませんね。

・PANTONE Studio(PANTONE)
https://itunes.apple.com/jp/app/mypantone/id329515634?mt=8

・カラーガイド(DIC)
https://itunes.apple.com/jp/app/karagaido/id405007873?mt=8

まとめ

色は下地の紙色にも影響を受けますし、印刷時の気象条件によっても発色が変わることもあります。多少の違いはご了承ください。弊社の場合、現物色合わせ、データによる色作成でも、重大なクレームが発生したことはありません。大切なコーポレートカラーを正確に出したいという場合は、やはりDICかPANTONEの色番号指定が最も安全だと思います。

その他の記事はこちら!

金色の紙袋にしたい場合は、印刷か箔押しを使用します

金色や銀色などのメタリックカラーの紙袋にしたい場合は、二つの方法があります。ひとつは、特色インクを使った印刷。もうひとつは、箔押しです。それぞれ特徴があるので、求める効果によって使い分けてください。特...

紙袋デザインの具体的なイメージがない、アイデアが思いつかない時は?

紙袋を作る時に最初に決めるのは多くの場合、サイズです。必要サイズが出たら、次にどんなイメージにするのかを決めます。ここで手が止まってしまう場合は、二者択一の質問をたくさん用意してみましょう。キーワード...

入稿データのチェックでは、印刷に適したデータにしています

お客様からいただいた入稿データは、一度弊社で開いて確認し、紙袋の展開図になったデータに落とし込む作業を行なっています。この作業のため「デザインデータ調整代」を4,000円いただきます。これは初回の入稿...

入稿後に文字の修正がある場合は、再入稿してください

もし入稿後に電話番号や住所などの誤字があった場合は、再入稿してください。弊社では修正ができません。入稿時には、文字は全てアウトライン化をお願いしています。一度アウトライン化した文字は画像と同じ扱いにな...

追加注文する場合は、入稿不要。版も三年保管します

弊社にて一度紙袋をお作りいただくと、製造時の枚数、色指定や素材指定などの仕様、入稿データ、すべて保存しております。同じデザインであれば、2回目移行のご注文時に際入稿は不要です。版は三年間保管しているの...

どれもお得!紙袋オーダーラインナップ