紙袋のデザインに困ったら、海外のアイデアを参考にしよう!

デザインの参考になる?海外の面白い紙袋デザインまとめ

ロゴを正面に入れるのが、一番わかりやすくて王道の紙袋デザインです。でも、もっともっと宣伝したい、紙袋だけで話題になるくらい面白い物が作りたい!という方もいるのではないでしょうか。ちょっと刺激のあるデザインに挑戦したい方のために、海外の面白い紙袋デザインを集めてみました。

内側印刷で色気を出すチラリズム

紙袋は開くと一枚の紙を輪に貼り合わせ、底とマチを折ってできています。一枚の版で印刷されているので、紙の表面ならどこにでも印刷することができます。紙袋の口の折り返し部分は、完成した時には内側に入るので、ここをワンポインとにすることができます。外側はシンプルなのに、チラリと見える内側にインパクトがあると、それだけでオシャレに見えませんか?文字を入れることもできますよ!
出典:https://www.behance.net/gallery/6742885/Opera-Lab

小判抜きとリアルプリントの騙し絵

提げ紐ではなく穴を開けて手に持つ「小判抜き」の紙袋は、手と一緒に一枚の絵が完成するような印刷をすると面白いものができます。この紙袋は、靴ブランドのもの。サンダルを持って歩いているだけで、ビーチリゾートや芝生の公園などを想像させますよね。味気ない街の風景が何だか楽しいものに変わる、そんな素敵な紙袋です。手に持たせるものは何でもOK。自社の製品を印刷してみませんか?
出典:https://www.behance.net/gallery/4962323/I-like-walking-barefoot-paper-bags

提げ紐を印刷と一体化

提げ紐の付く位置を印刷とつながるようにして、一体化させるデザインも無限にアイデアが出てきますよ!この紙袋は紐が犬の耳になっているというもの。アクリル丸ヒモなら柔らかく垂れ下がるので、耳が垂れた犬になりそうです。紙ヒモならピンと立ち上がるので元気のいい犬になります。こういったデザインを検討される方は、穴の位置がどこにくるか正確なフォーマットをお送りします。
出典:http://www.the-barkitect.com/2012/10/11/paper-bag-with-dog-ear-handles/

まとめ

お金をかけなくても、特別すごいデザイナーに依頼しなくても、アイデアさえあれば面白い紙袋を作ることができます。素敵な紙袋はもらって嬉しい気持ちになりますし、残しておきたくなるもの。ロゴを大きく目立たせるよりも、宣伝効果は大きいかもしれません。みなさんもぜひ工夫してみて下さいね!

その他の記事はこちら!

金色の紙袋にしたい場合は、印刷か箔押しを使用します

金色や銀色などのメタリックカラーの紙袋にしたい場合は、二つの方法があります。ひとつは、特色インクを使った印刷。もうひとつは、箔押しです。それぞれ特徴があるので、求める効果によって使い分けてください。特...

紙袋デザインの具体的なイメージがない、アイデアが思いつかない時は?

紙袋を作る時に最初に決めるのは多くの場合、サイズです。必要サイズが出たら、次にどんなイメージにするのかを決めます。ここで手が止まってしまう場合は、二者択一の質問をたくさん用意してみましょう。キーワード...

入稿データのチェックでは、印刷に適したデータにしています

お客様からいただいた入稿データは、一度弊社で開いて確認し、紙袋の展開図になったデータに落とし込む作業を行なっています。この作業のため「デザインデータ調整代」を4,000円いただきます。これは初回の入稿...

入稿後に文字の修正がある場合は、再入稿してください

もし入稿後に電話番号や住所などの誤字があった場合は、再入稿してください。弊社では修正ができません。入稿時には、文字は全てアウトライン化をお願いしています。一度アウトライン化した文字は画像と同じ扱いにな...

紙袋印刷の特色の色指定は、色見本帳がなくても大丈夫

特色で印刷する場合は、色のご指定をお願いします。デザイン事務所や制作会社では、色の指定はDIC社やPANTONEし社が出している色規格に則って、色番号で指示することが一般的です。しかし、これらの色見本...

どれもお得!紙袋オーダーラインナップ