とっても簡単!オリジナル紙袋のオーダー方法

紙袋のわかりやすいオーダー方法と、オーダーの際の注意点

紙袋はオーダー品のため、価格感が掴みにくい、どのプランなのかわからないと、面倒に感じられるかもしれません。しかしオーダー方法はとても簡単です!一番のご不安は価格感と思います。見積もりをとらないとわからない点は不自由をおかけしますが、そこからの調整が可能です。見積もりはお気軽にどうぞ!

入れるものの幅とマチから、まずはプラン決定!

A4書類用なら、A4フィットサイズオーダー。それ以外の場合は、入れる物のサイズを図りましょう。「幅とマチ」のみでかまいません。そこからプランを選びます。まずはスタンダードスリーサイズオーダーの中に、サイズが合うかどうかを確認します。なぜならこのプランが最もお得だからです。

スタンダードスリーサイズオーダーの3つのサイズ
・小…幅22×マチ12cm(高さは自由)
・中…幅26×マチ10cm(高さは自由)
・大…幅32×マチ11cm(高さは自由)

このサイズの中に適したものがなければジャストフィットフルオーダー(自由設計のプラン)になります。

イメージに合わせて素材を組み合わせる(見積もり)

デザインやイメージに合わせて、紙、印刷色の数、紐、加工の有無や種類を選びます。選択はチェックボックス方式です。後でいくらでも変更できますので、見積もりでは、「叩き台」を作るイメージで!
正式なオーダーというよりは、価格感を出す目的でかまいません。パターン違い、枚数違いなど複数パターンの見積もりをご依頼下さい。

見積もりをベースに価格を調整(お手伝いします!)

単価を出してみて、「もっと安くしたい」と考えるのはごく当然のこと。見積もりはあくまでもベースとしてお考え下さい。そこから、どこを削ってご予算に合わせるかが大事です。あまりイメージを変えずに少し単価を下げたい、印刷色を減らしてでも思い切ってコストダウンしたいなど、ご要望をお聞かせ下さい。プロの目から見て、妥当なコストダウンアイデアをご提案いたします。

まとめ

オーダーの際には、見積もりをどんどんとってみて下さい。見積もり一発で内容を確定する必要はまったくありません。見積もりをベースにご希望の価格帯まで近づけられるよう、内容を調整できますのでご相談下さい。また、価格ありきで「現在使っている紙袋の単価を下げたい」といったご相談も可能です。

その他の記事はこちら!

金色の紙袋にしたい場合は、印刷か箔押しを使用します

金色や銀色などのメタリックカラーの紙袋にしたい場合は、二つの方法があります。ひとつは、特色インクを使った印刷。もうひとつは、箔押しです。それぞれ特徴があるので、求める効果によって使い分けてください。特...

紙袋デザインの具体的なイメージがない、アイデアが思いつかない時は?

紙袋を作る時に最初に決めるのは多くの場合、サイズです。必要サイズが出たら、次にどんなイメージにするのかを決めます。ここで手が止まってしまう場合は、二者択一の質問をたくさん用意してみましょう。キーワード...

入稿データのチェックでは、印刷に適したデータにしています

お客様からいただいた入稿データは、一度弊社で開いて確認し、紙袋の展開図になったデータに落とし込む作業を行なっています。この作業のため「デザインデータ調整代」を4,000円いただきます。これは初回の入稿...

入稿後に文字の修正がある場合は、再入稿してください

もし入稿後に電話番号や住所などの誤字があった場合は、再入稿してください。弊社では修正ができません。入稿時には、文字は全てアウトライン化をお願いしています。一度アウトライン化した文字は画像と同じ扱いにな...

紙袋印刷の特色の色指定は、色見本帳がなくても大丈夫

特色で印刷する場合は、色のご指定をお願いします。デザイン事務所や制作会社では、色の指定はDIC社やPANTONEし社が出している色規格に則って、色番号で指示することが一般的です。しかし、これらの色見本...

どれもお得!紙袋オーダーラインナップ