紙袋は何枚からオーダーできるか

紙袋を少しだけ欲しい時に、使えるプランは?

少ない枚数ではオリジナル紙袋は作れないとお思いですか?そんなことはありません。弊社ではロゴの入ったオリジナル紙袋を100枚からお作りすることができます。既製品紙袋にロゴだけ入れるもの、素材から選べて印刷もできるもの、様々なプランについて解説します。

10枚から買える、無地の既製品紙袋

●既製品紙袋
●翌日出荷
●最小ロットは10枚から

既製品紙袋は、完成済みで加工なしの紙袋です。様々な色、サイズ、加工、紐で仕上げられた既製品紙袋があります。キルティングバッグ風、和柄など、柄が印刷されたものもあるので、まったく無地ではないものもあります。単価は55円から(一番安価な素材、幅200×マチ85×高さ250ミリの小さいタイプ)です。お急ぎの場合、少量の場合はご利用ください。

100枚からロゴ入り可能!セミオーダー紙袋

●プラハンドルラミネートバッグ/スタンダードGOODクオリティバッグ/スタンダードフレンドリーバッグ
●約10日で出荷
●最小ロットは100枚から

セミオーダー紙袋は、既に印刷、加工、組み立てまでされた紙袋に箔押し加工のみするプランです。よって素材は選ぶことができません。カラークラフト紙を使ったカジュアルなタイプ、PP加工された高級感のあるタイプなど、雰囲気の違う4つのプランがあります。サイズ展開が豊富なので、用途によって選ぶことができます。

300枚から印刷も素材も選べる!小ロット対応オーダー

●スタンダード小ロットオーダー
●20~25日で出荷
●最小ロットは300枚から

オーダー紙袋では、紙袋の形状、紙の種類と厚さ、紐の種類と色、加工の有無、印刷をすべて自由に選ぶことができます。小ロット対応オーダーの場合は、サイズの幅とマチが固定(幅320×マチ110ミリ)で、高さのみ選択できます。通常のオーダープランは500枚からです。

まとめ

オーダーの場合、製造枚数が1,000枚を割るとどうしても割高になりますが、紙を薄くする、印刷色を減らす、紐を安いものに変えるというように、予算に合わせたカスタマイズができるのがメリットです。セミオーダーとどちらが安いかは一概に言えませんので、ぜひ両方の見積もりをお取りください。

その他の記事はこちら!

金色の紙袋にしたい場合は、印刷か箔押しを使用します

金色や銀色などのメタリックカラーの紙袋にしたい場合は、二つの方法があります。ひとつは、特色インクを使った印刷。もうひとつは、箔押しです。それぞれ特徴があるので、求める効果によって使い分けてください。特...

紙袋デザインの具体的なイメージがない、アイデアが思いつかない時は?

紙袋を作る時に最初に決めるのは多くの場合、サイズです。必要サイズが出たら、次にどんなイメージにするのかを決めます。ここで手が止まってしまう場合は、二者択一の質問をたくさん用意してみましょう。キーワード...

入稿データのチェックでは、印刷に適したデータにしています

お客様からいただいた入稿データは、一度弊社で開いて確認し、紙袋の展開図になったデータに落とし込む作業を行なっています。この作業のため「デザインデータ調整代」を4,000円いただきます。これは初回の入稿...

入稿後に文字の修正がある場合は、再入稿してください

もし入稿後に電話番号や住所などの誤字があった場合は、再入稿してください。弊社では修正ができません。入稿時には、文字は全てアウトライン化をお願いしています。一度アウトライン化した文字は画像と同じ扱いにな...

紙袋印刷の特色の色指定は、色見本帳がなくても大丈夫

特色で印刷する場合は、色のご指定をお願いします。デザイン事務所や制作会社では、色の指定はDIC社やPANTONEし社が出している色規格に則って、色番号で指示することが一般的です。しかし、これらの色見本...

どれもお得!紙袋オーダーラインナップ