既製品の紙袋とオーダー紙袋はどちらが良いか

既製品の紙袋とオリジナルの紙袋、どっちがいいか迷ったら?

弊社では、無地の既製品紙袋、既製品紙袋に箔押し加工だけするセミオーダー紙袋、オリジナル印刷をして素材も選べるオーダー紙袋の三種類の紙袋があります。制作期間に余裕があるのであれば、断然オーダー紙袋がおすすめです。オーダー紙袋にはたくさんのメリットがあるからです。

お店の名前を覚えてもらえる

いつも知っている店でだけ買い物をするわけではなく、たまたま出先で通りかかって買ってみたってこと、あると思います。とても気に入ったのに、店の場所も思い出せない、名前が書いてあるものも何もない…では、リピーターを逃してしまいます。紙袋は名刺がわりになるということです!

街の中でも宣伝効果がある

お買い物をした人が街を歩いてくれれば、タダで広告してくれているようなものです。目立つデザインなら、ブランドの認知度向上や、セールなどイベントの告知にもなります。

ブランドの価値が上がる

高級品は高級なパッケージに入っているもの。どんなに素敵な商品でも、安っぽいビニール袋に入れられたら台無しですよね。逆に言えば、パッケージに高級感があるとお客さんは安心・満足し、買い物に後悔しにくいということなのです。
ブランド品はプレゼントに使われることも多いので、プレゼント包装も兼ねるくらいのデザインが求められます。

商品サイズぴったりの安心感

オリジナルサイズの紙袋なら、中身が動きにくいので壊れやすい商品も安心して持つことができます。傾けられないケーキ、アレンジのお花などに最適です。緩衝材の使用も抑えることができるので、余計なコストがかかりません。

素敵なデザインなら保存もしてもらえる

好きなブランドの紙袋は、大事に残しておいてまた使う、という女性は多いですよね。借りた本を返してもらう時、「なんでも激安!リサイクルショップ○○」と書いてある紙袋と、ステッドラーの紙袋だったら、なんとなく後者の方がいいと思いませんか?素敵なデザインや上質な紙袋なら、すぐに捨てれずに長く使ってもらえるのです。

まとめ

紙袋はとても有効な宣伝ツールなので、可能ならオリジナルを作る方がおすすめです。ある程度枚数をまとめて注文できるなら、既製品よりも安く作ることもできます。ただ、制作期間に余裕がとれない場合、小枚数しか必要ない場合は、セミオーダーや既製品紙袋もご利用ください。

その他の記事はこちら!

金色の紙袋にしたい場合は、印刷か箔押しを使用します

金色や銀色などのメタリックカラーの紙袋にしたい場合は、二つの方法があります。ひとつは、特色インクを使った印刷。もうひとつは、箔押しです。それぞれ特徴があるので、求める効果によって使い分けてください。特...

紙袋デザインの具体的なイメージがない、アイデアが思いつかない時は?

紙袋を作る時に最初に決めるのは多くの場合、サイズです。必要サイズが出たら、次にどんなイメージにするのかを決めます。ここで手が止まってしまう場合は、二者択一の質問をたくさん用意してみましょう。キーワード...

入稿データのチェックでは、印刷に適したデータにしています

お客様からいただいた入稿データは、一度弊社で開いて確認し、紙袋の展開図になったデータに落とし込む作業を行なっています。この作業のため「デザインデータ調整代」を4,000円いただきます。これは初回の入稿...

入稿後に文字の修正がある場合は、再入稿してください

もし入稿後に電話番号や住所などの誤字があった場合は、再入稿してください。弊社では修正ができません。入稿時には、文字は全てアウトライン化をお願いしています。一度アウトライン化した文字は画像と同じ扱いにな...

紙袋印刷の特色の色指定は、色見本帳がなくても大丈夫

特色で印刷する場合は、色のご指定をお願いします。デザイン事務所や制作会社では、色の指定はDIC社やPANTONEし社が出している色規格に則って、色番号で指示することが一般的です。しかし、これらの色見本...

どれもお得!紙袋オーダーラインナップ