スイートな雰囲気の紙袋の作り方

スイートな紙袋が欲しいなら!おすすめの紙袋素材の組み合わせと事例を紹介

紙袋のデザインは、どんな印刷をするかだけではなく、それに合った素材を選ぶことがとても大事です。ふんわり甘いスイートな雰囲気を出したい時には、どんな素材が合うのでしょう?コスメ、ジュエリー、お菓子など、女性に喜ばれそうな紙袋デザインを例に、最適な素材をご紹介します。

鮮やかな色を表現できる、上質な紙とマットPP

こちらはコスメメーカー様の紙袋です。コート紙よりもさらに印刷適性の高いリュウオーコート紙を使用して、水に垂れ下がる花の鮮やかな美しさを最大限に引き出しました。仕上げにマットPPがかけられているので、高級感のある仕上りです。

未晒クラフト紙+5色印刷でこだわりの表現

カフェチェーンの紙袋です。茶色い未晒クラフト紙の上から、フルカラーと白インクの5色で印刷しています。通常、華やかな色を出したい時は未晒クラフト紙は使いませんが、あえて未晒クラフト紙の上にフルカラー印刷し、紙の色が透けた時の独特のナチュラルな雰囲気を引き出しています。白インクを加えることで明るく甘い印象になっています。とても凝ったデザインの紙袋です。

明度差の少ないパステルカラー印刷+紙ヒモ

視認性を高めるなら、図と地の明度差は高い方が良いのですが、若い方がターゲットならそこまでハッキリクッキリとさせなくても、ブランドイメージを伝えることができます。あえて明度差の少ない淡いパステルカラーを、片艶晒クラフト紙に印刷しています。提げ紐に白やピンクのアクリル丸ヒモを使い、全体のイメージを統一しています。表と裏はシンプルですが、マチに入ったストライプがアクセントになっています。

まとめ

女性らしい柔らかな雰囲気にしたい時の素材選び、いかがでしょうか?もちろんデザインに合った素材であることが大事で、紙にも紐にも加工にも、正解の組み合わせはありません。上に挙げた3つの紙袋は、デザインに素材がとてもあっていますよね!

その他の記事はこちら!

金色の紙袋にしたい場合は、印刷か箔押しを使用します

金色や銀色などのメタリックカラーの紙袋にしたい場合は、二つの方法があります。ひとつは、特色インクを使った印刷。もうひとつは、箔押しです。それぞれ特徴があるので、求める効果によって使い分けてください。特...

紙袋デザインの具体的なイメージがない、アイデアが思いつかない時は?

紙袋を作る時に最初に決めるのは多くの場合、サイズです。必要サイズが出たら、次にどんなイメージにするのかを決めます。ここで手が止まってしまう場合は、二者択一の質問をたくさん用意してみましょう。キーワード...

入稿データのチェックでは、印刷に適したデータにしています

お客様からいただいた入稿データは、一度弊社で開いて確認し、紙袋の展開図になったデータに落とし込む作業を行なっています。この作業のため「デザインデータ調整代」を4,000円いただきます。これは初回の入稿...

入稿後に文字の修正がある場合は、再入稿してください

もし入稿後に電話番号や住所などの誤字があった場合は、再入稿してください。弊社では修正ができません。入稿時には、文字は全てアウトライン化をお願いしています。一度アウトライン化した文字は画像と同じ扱いにな...

紙袋印刷の特色の色指定は、色見本帳がなくても大丈夫

特色で印刷する場合は、色のご指定をお願いします。デザイン事務所や制作会社では、色の指定はDIC社やPANTONEし社が出している色規格に則って、色番号で指示することが一般的です。しかし、これらの色見本...

どれもお得!紙袋オーダーラインナップ