紐の種類は7種類あり、それぞれ特徴と取り付け方をご紹介します

手提げ紐の種類・取付け方について

豊富な種類と色数の手提げ紐をご用意しています。 手提げ紐は、素材の中でも紙袋のイメージを左右する重要なパーツです。 また、取付け方によって強度やお値段も変わりますので、デザインだけではなく用途に合ったものを選ぶことをオススメいたします。

PPヒモ

PPヒモは、ポリピロピレンを素材に使われたヒモで、紙袋で最も多く使用されている素材です。 安価で丈夫で色のバリエーションが多いのが特徴的です。 コストを下げて紙袋を作りたい時は、こちらのPPヒモがオススメです。 36色からお選び頂けます。

紙単丸ヒモ

紙単丸ヒモは、紙を束ねて捻ったヒモです。 紙の素材感があり和紙の様な手触りがあり、持った時に柔かい雰囲気があります。 素材は紙ですが、十分な強度があり和菓子店さんによく使用されるヒモの種類です。 24色からお選び頂けます。

紙三本ヒモ

捻った紙ヒモを、三本合わせてさらに捻った作ったヒモです。 紙素材のヒモの中では最も強度が高いです。 こちらも同じく手に持った時に柔らかく、和風の雰囲気のお店にはぴったりなヒモです。 大きめの紙袋を作る時は、紙単丸ヒモよりこちらがおすすめです。 21色からお選び頂けます。

アクリル丸ヒモ

アクリル製の糸を編んで作られたヒモです。 スピンドルとも呼ばれています。 ジャージのウエスト部分や巾着のヒモ等によく使用されているヒモです。 紙袋の用途では、結婚式の引き出物等の比較的重たいものを入れる時に使用されます。 48色からお選び頂けます。

アクリル平ヒモ

アクリル製で、真っ平らに織って作られたヒモです。 柔らかい素材感で、平らに織られているので、よれにくく肩にヒモが食い込みにくいので肩から下げる時に向いています。 アパレルショップ等によく用いられます。 36色からお選びいただけます。 穴タイプのみ対応してます。

エクセルフィラメント

ポリピロピレン製で、PPヒモより強度が高く、光沢感をもったヒモです。 アクリル丸ヒモの様な柔らかい雰囲気も持ち合わせております。 色のバリエーションも豊富で高級感があります。
14色からお選びいただけます。

ハッピータック

プラスチック製で口の部分がパチンと留めることができる持ち手です。 当店で取り扱う中で最も耐久度と耐水性があるのが特徴。 重たいモノを紙袋に入れる時に向いています。
14色からお選びいただけます。

取り付け方法

穴タイプ

紙袋に穴をあけてヒモを通して、ヒモの先端を結んで留めるタイプです。 手作業でヒモをつけるため、OFJタイプよりも工賃が高いです。 柔らかい素材のアクリル丸ヒモやアクリル平ヒモエクセルフィラメントを用いられる際によく使用されています。

OFJタイプ

穴を開けずに、提げヒモをのりで貼り付けて留める方法です。 口周りに台紙が入るので形状がしっかりしています。 どの手提げ紐にも対応しています。 また、機械で取り付けるので、量産タイプで安価で紙袋を作りたい時に向いています。

ハッピータックタイプ

ハッピータックの下パーツで紙を挟みこむ様に取り付けます。
提げ手の口の部分に凸凹があり、くっつけることで袋の中身が見えにくくなるので、蓋の役目もします。 ハッピータックのみ対応することができる取付け方法です。

紙袋オーダー商品一覧